利用可能店のご紹介

海外旅行で!

海外でもいろんなシーンでポイントGet!
旅のおともに「日専連カード」

日専連カードなら海外でもいろいろな場面で大活躍。例えばレストランやカフェでの「チップ」。日本人には馴染みのない習慣だけに、ちょっとわずらわしさを感じてしまいますが、日専連カードなら飲食料金はもちろん、「チップ」もカードでお支払いいただけます。また、海外でレンタカーを借りる場合も、断然便利。現金精算でレンタカーを借りようとすると、保証金のお支払いなど手続きがとても面倒。場合によっては貸してもらえないこともあります。しかし、日専連カードを運転免許証・パスポートと一緒に提示すれば、契約書にサインするだけで保証金の預入れもほとんど不要、簡単にレンタカーが借りられます。

この他ホテルの精算やショッピングのお支払いなど、危険で面倒な現金の出し入れをすることなく利用でき、そのうえポイントもたまるから一石二鳥。海外でもどんどんポイントGetしましょう。
一部店舗によっては、カードをご利用できない場合もありますので、事前にご確認ください。

ホテルで便利!

予約
宿泊のご予約はクレジットカードが断然安心!ご予約の際にカードでの精算を伝えると、ホテルにとってお支払いが保障されるため、より確実に到着日まで部屋を確保してくれます。
チェックイン
海外のホテルでは、パスポートや現金を見せるだけでは宿泊できないことや、せっかく予約をしていてもスムーズにチェックインができない事があります。それはホテル側に支払面での不安を抱かせるためのようです。そんな不安を払拭するのがクレジットカード!チェックインの際にご提示する1枚のカードが貴方の信用を高めます。
また、カードをご提示するとホテル側は、宿泊登録カードと売上票にカード番号を記入し、宿泊中のすべての費用がカードで精算いただけます。
チェックアウト
チェックアウトの際、記入ミスなどによって売上票を作り直した場合や、お支払方法を現金・トラベラーズチェックなどに変更した場合は、チェックイン時に作成された売上票は無効となります。無効となった売上票はご自分で処分するか、ホテル側で処分する場合は破棄するのを必ず確認してください。
キャンセル
宿泊予約をキャンセルする場合はお早めにホテルに電話連絡し、取消番号(Cancellation Number)と担当者名を確認し、キャンセル日とともに控えておきましょう。
キャンセルには期限がありますが(ホテルによって異なる)、もしも後日ホテル側のミスにより「不泊料(No Show Charge)が請求された時にミスを証明できます。

レンタカーで便利!

現金精算でレンタカーを借りようとすると、保証金のお支払いなど手続きがとても面倒。場合によっては貸してもらえないこともあります。そこでクレジットカード!運転免許証・パスポートと一緒に提示すれば契約書にサインするだけで保証金の預入れもほとんど不要、スムーズにレンタカーが借りられます。もちろんすべての費用がカードで精算いただけます。
万一の場合に備えて、必ず保険に入りましょう。

レストランでも便利!

レストランでウェイターが売上票を持ってきたら、ちょっと注目!TIP欄・TOTAL欄が空欄で小計欄だけが記入されていれば、「チップ・プリーズ」の合図です。必ず自分でTIP欄とTOTAL欄に金額を記入し、間違いないかを確認してからサインしましょう。
ただし、チップをカードで支払えない場合や、売上額合計にすでにチップ相当額が含まれている場合もありますのでご注意ください。
レストランでのチップの目安は料金の10%〜15%、機内サービスやセルフサービスのお店ではチップは必要ありません。

お買物には断然便利!

売上票控(Card Holders CopyまたはCustomer Copy)
海外でのお買物、何がいくらだったか意外と忘れがち。売上票控に商品内容を記入してきちんと保管しておけば、旅行期間の家計簿代わりになる他、ご利用代金明細書の確認に便利。
サイン
売上票には英字・漢字にかかわらず、カード裏面と同じサインをしてください。
取消伝票(Credit Voucher)
カードショッピングで購入した商品を返品したい場合、販売店に取消伝票を作ってもらいましょう。後日間違って請求が来た場合に販売店のミスを証明できます。
「No Refound Cncellation」と記載されている場合、返品・返金の要求ができませんのでご注意ください。
免税制度
免税制度は国によって異なります。ヨーロッパ地域のVAT(付加価値税)を導入している国では、出国時に免税手続きを行うことにより還付金を受け取るシステムがあります。カードショッピングだとカードの決済口座で精算されるので帰国後の手続きは一切不要!

キャッシングにも便利!

キャッシングサービス利用法
海外滞在中、急に現金が必要になった時、世界中の主要空港、メインストリートにあるATMや提携金融機関窓口で滞在国の現金を入手することができます。また、年中無休・24時間営業のATMもご利用いただけます。

  • 一部のカードではご利用いただけない場合があります。
  • ご利用限度額は個人により異なります。
  • ATMご利用の場合、機種により別途手数料がかかる場合があります。
窓口でキャッシングする方法
日専連カードとパスポートをご提示のうえ、窓口で伝票に必要事項とサインをご記入ください。(JCBプラザに限ります)
海外のJCBプラザの所在地についてはJCBのホームページをご覧ください。
ATMでキャッシングする場合
ご利用には暗証番号が必要ですので、出発前にご確認ください。
覚えてしまえば以外に簡単!ATM操作方法
代表的な機種の操作例をご紹介します。

  • Insert Your Card [カードを入れてください]
  • Enter Your PIN(Personal Identification NO,),Then Press Enter
      [暗証番号(4ケタ)を押し、最後に  Enter YES  キーを押してください]
  • Select Type of Transaction
      [ご希望の取引内容をお選びください。  WITHDRAWAL  または   CASH ADVANCE  を指定]
  • Select Account for Withdrawal
      [キャッシングの方法をお選びください。  CREDIT CARD  を指定]
  • (例)Enter Whole Dollar Amount in Multiples of $20Up to $200,Then Press Enter
      [20ドル単位で200ドルまでご利用金額を指定し、最後に  ENTER YES  キーを押してください]
  • Please Take Cash [現金をお取りください]
      Woud You Like Another Transaction?
      [引き続き操作を続けられますか?操作を終了する場合は  CLEAR NO  キーを、引き続きする場合は
        ENTER YES  キーを押してください]
  • Please Remove Card and Take Receipt
      [日専連カードとご利用明細書をお受け取りください]
  • カードとご利用明細書は別々に出てきますので、お受け取り忘れのないようご注意ください。
  • ご利用明細書は必ず保管し、後日日専連よりお送りする「カードご利用代金明細書」とご照合してください。